デスクワーク猫背の人は鬱になりやすい!?原因と解消策

公開日:  最終更新日:2015/05/11


06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
会社や自宅などでディスプレイを長時間見えてる時に気をつけたいのが一番に姿勢です。ディスプレイを見ながら座っていると姿勢が猫背になり顎を突き出します。

この姿勢を長期間続けると、首の後ろの血管が圧迫され脳への血流が悪くなり、脳から分泌されるセロトニンの分泌量が減り、鬱になりやすいと一般的に言われています。

長時間のデスクワークと長時間座っている事によるストレスが合わさって鬱になる可能性が高まります。


また、猫背は子供の頃に体にコンプレックスを抱えている人はそれを隠そうとするために背中が丸まっていく人が多く、猫背=鬱になりやすい人とも言われることがあります。

また、猫背で鬱になった場合、さらに症状が出てきます。
他の記事にも書いていますが、腰痛や背中の痛みが強くなる、内臓器官の免疫低下による体調不良偏頭痛などさまざまな症状が併発する可能性があります。

完全に猫背を治したい方は猫背矯正ベルトをお勧めします。
良さを端的に表すと『小額の投資で長期的に楽して猫背が改善できます。』
猫背はすぐには治す事はできません。長期的に考えた時に自分でやるマッサージや整体に行くよりか猫背矯正ベルトでやる方が楽に治す事が可能ですし、それにより鬱が解消できます!
これから数ヶ月かけて治し、気にせず生きるのか?
どちらを選ぶにしてもあなた次第になります。
おススメを紹介させていただきます。

体験者がお勧めする NO,1 の猫背矯正ベルト

こちらの商品は猫背姿勢サポーターとしては有名です。
2011年に『ためしてガッテン』に紹介されました!

楽天ショップに出されていますが、サポーター部門で50週も第一位を取っています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑